Top W yoga massage Free trial Course lesson Curriculum Facility Access map About Us Contact
トップ ダブルヨガマッサージ 無料体験 コースレッスン カリキュラム 施設 アクセスマップ 私たちについて お問い合わせ
 
 

SUBJECT OF SELECTION

 
  選択制専科  
     
 


[ヒーラー体験:炎のサマタ瞑想&中国古典炎の施術法]


 
     
     
     
 

炎を見ながら1点に集中するサマタ瞑想と中国やチベットに伝わる火で浄化をするファイヤーマッサージセラピーをヒーラーとして体験してください。

 
     
  受講申込はこちら
 
   
  ◇入学金:0円
◇受講時間:3時間(1単位)
◇受講料金:33000円
◇TTMAチケット利用の場合:10枚
   
 
   
 

サマタ瞑想のやり方はあらゆる種類の瞑想法の中でも最もシンプルで初心者でも取り組みやすい瞑想法です。サマタ瞑想とは集中の瞑想とも言われています。つまり何か対象となる1点に意識を集中する瞑想のことです。炎に集中して瞑想をしてみましょう。呼吸は腹式呼吸で。鼻から吸って鼻から出すか、口から出すかで行ってください。半眼または目を閉じた状態で行ってください。呼吸を数えることで集中するのもいいですし、腹式呼吸のお腹の動きに集中するのでもいいでしょう。特に時間は決まっていませんから、ごく短時間でも行うことが可能です。

中国の古典的な施術法に火のマッサージがあります。チベットでは、同様のものが「火竜療法」として知られています。 「ファイヤーマッサージ」 「スチームマッサージ」「火疗」「フーオ」「 huǒliáo 」「火焼き療法」と訳されることもあります。横になったクライアントの身体をラップと厚手のタオルで覆い、その上からもう一枚タオルをかけます。そのタオルにアルコールをしみ込ませて火をつけるというものです。背中、脚、膝、胃、首など、冷えのある箇所に対して行います。炎を1分間ほど燃やします。消化する際には、 別に用意した水に濡れたタオルで火を覆います。まずは、患部を温めてから手でマッサージを行っていくというものです。巨大な電気毛布に包まれているように感じるものです。別のバリエーションでは、アルコールを棒に浸したスワブを身体にこすりつけるようにして温める方法です。正確には、火の熱で温めるというよりも、火そのもので身体の邪気を払うようなスピリチュアルな意味合いが強いものです。かなりワイルドな方法ですが、関節痛から消化の問題や不眠症に効果的です。炎は熱いので、中国でも決して一般的な施術法ではありません。

   
 
  講座内容 単位数 受講時間
1 ヒーラー体験:炎のサマタ瞑想&中国古典炎の施術法 1単位 3時間
   
  受講申込はこちら
   
  ◆他のコースをみる
  総合本科の各コースをみる
  選択制専科の各コースをみる
  オープンカレッジの各コースをみる
  TTMAプロセラピスト資格取得をみる
  短期集中特訓の各コースをみる
  通信教育講座の各コースをみる
  こちらの講座は総合本科にのみ含まれています。
 
  受講申込フォーム
   
 
お問い合わせはTTMAスクールインフォメーション
フリーダイヤル:0120-406-402  
モバイル:080-2069-6268
 
Copyright(C) Copyright(C) シヴァカ伝統医学学校 2018-2028